etopop’s diary

崖っぷちでも楽しんだ者が勝ち!

Wi-Fiが届かない自室のために、無線LAN中継機【IODATA / WN-G300EXP】を導入しました!

f:id:etopop:20160514192631j:image

 無線LAN中継機は、名前のままWi-Fiを中継して届く範囲を拡大してくれるお役立ちガジェット。

実家暮らしの私も、電話線の都合上自分の部屋にルーターを設置することができず、リビング設置のルーターの電波を、廊下で拾って中継電波を飛ばし自室でインターネットをしています。

5年ほど使用していたplanexのMZK-EX300Nが故障したので、今回新しくIODATAのWN-G300EXPを購入しました!

 

PLANEX 無線LANエリアをかんたんに拡大 300Mbpsハイパワー無線LAN中継器 MZK-EX300N

PLANEX 無線LANエリアをかんたんに拡大 300Mbpsハイパワー無線LAN中継器 MZK-EX300N

 

 

今回WN-G300EXPを選んだポイント

  • サイズが小さく設置場所に困らない(およそ4cm*4cm*3cmのキューブ型)
  • コンセント直刺し可能
  • SSIDを簡単に変更できる(親機電波との識別が簡単になる)
  • WPS対応機器ならボタンひとつで設定可能

以上4点です。とくにSSIDは以前使用していたMZK-EX300Nの場合、変更ができず不便だったので、変更可能は嬉しいですね!

あとサイズもかなり小さく、コンセント直刺しできるので設置場所選びが楽だなーというのもいいです。ちなみにお値段も定価4752円ですが、今回Amazonの値引きで3000円程度に収まりました!

 

使用感レビュー

 

今回は、廊下の電気スイッチの下半分をコンセントプラグに改造して、そこに刺すことにしました。

 f:id:etopop:20160514192742j:image

というわけで設置完了!

サイズ感は、理想通りのコンパクトサイズで大満足。

WN-G300EXP、LEDの色で電波の強弱が一目で分かるのもいいですね!
青だと安定、赤だと不安定な状態なので、設置のベストスポット探しも楽でした。
ただ電波の強弱を教えてくれるこのLEDが結構明るい。

 

f:id:etopop:20160514192916j:plain

真っ暗な廊下でもこんなに光る・・・ので、枕元などへの設置はあんまりオススメできないですが、足元などにある分には気にならないかな?と思います。
 

設定はWPS対応製品だったのでボタンひとつであっという間。

SSIDの変更は設定用アプリMagicalFinderを使用。
PCからもスマホからも利用できるアプリなので、SSIDの変更・管理も楽になりそう!今回はサクッとPCから変更しちゃったのですが、iOSからもそのうち試してみます。

 

ちなみにデータの通信速度はこんな感じ。(MacbookPro / OSX El capitan // 光回線利用)

親機のあるリビングでの速度

f:id:etopop:20160514192035p:plain

自室でWn-G300EXPを経由した中継電波を拾った場合

f:id:etopop:20160514192043p:plain

上りの差が結構出るなぁという印象ですが、下りに関してはまずまずの値が出ています。動画視聴などにも問題無し!という訳で満足な結果が得られました。

 

 

今月の満足買い物リスト入りです!